浄水器比較ナビ - 価格からカートリッジ交換までTOP > 比較ポイントとは? > 選び方のポイント@

選び方のポイント@

 

浄水器を買った際、後から後悔しないようにする為にはどうすれば良いのでしょうか。

 

また、失敗しないための浄水器の選び方はあるのでしょうか。

そこで今回は、浄水器の選び方のポイントについてご紹介しますね。

 

最近ではあやしい訪問販売なども増えていますが、勧誘員の口車に乗せられないようにして下さいね。

 

その口車に乗ってついつい買ってしまったという声をよく聞きますが、あなたはそんな経験をしたことはないでしょうか。

 

と言っても浄水器自体はいま、水道水を安心して飲めなくなっている時代なので、浄水器は必要なものでもありますよね。

 

なので、浄水器を買う時には買う側の私たちが正しい知識を持つことが大切です。

 

そして、自ら選ぶことが大切だと言えますね。

 

<選ぶポイントについて>
1.自分の目的に合う水を選ぶことです。

 

浄水器を通した水は、全て同じというわけではないんです。

 

色々な性質の水が浄水器ごとにあるので、その辺を頭に入れておきましょう。

 

なので、自分の体調や使用方法などに合ったものを選ぶことが必要になります。

 

例えば、赤ちゃんにミルクを作ってあげる時には、安全なお水で作ってあげたいと思いますよね。

 

それならば、中性の水を選ぶようにして下さい。

 

また、胃腸の調子が悪いからおいしい水を飲んで体に良いものをという場合には、アルカリイオン水を選ぶようにしましょう。

 

2.浄水器の大きさです。

 

室内に設置することになるので、できれば大きいよりは小さいタイプの浄水器の方が良いですね。

 

小さい方が場所をとらないからです。

 

しかし、このように考える人が多いと思いますが、大きさだけで浄水器を判断するのは止めておきましょう。

 

小さくて場所をとらない浄水器を選ぶと、設置されているフィルターも小さいものになるからです。

 

言い換えると、フィルターが小さければその分交換する率も高くなってしまいます。

 

よって、より多くのフィルターを必要とすることになってしまい、それではコストが余分にかかってしまうことに繋がります。

 

なので、総合的に見て判断するようにしましょう。

 

比較ポイントとは?記事一覧

選び方のポイント@

浄水器を買った際、後から後悔しないようにする為にはどうすれば良いのでしょうか。また、失敗しないための浄水器の選び方はあるのでしょうか。そこで今回は、浄水器の選び方の...

選び方のポイントA

前回に引き続き、浄水器の選び方のポイントについてご紹介しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。続いて3つ目のポイントについてです。3.トータルコストを計算するこ...

製品タイプの選び方

あなたは、浄水器には色々なタイプがある事をご存知ですか?ポット型や蛇口型など、様々な製品タイプのものがあります。ですが、果たしてこの中からどれを選べば良いのでしょう...

品質表示について

あなたは2002年以降、浄水器の品質表示が法律で義務付けられていることをご存知ですか?よって、浄水器を購入される時には、カタログやパッケージで品質表示を確認してから選ぶよう...

携帯用のものについて

あなたは、携帯用の浄水器があることを知っていますか?これは、アウトドアの時や非常時に活躍するものです。家庭用として使わないので、当然その他の浄水器とは目的が違ってき...